宅配買取利用規約

スタイログラフ 宅配買取利用規約に関して

株式会社シーエスアート スタイログラフ(以下、「弊社」)が運営するインターネットを介した非対面での買取サービス(以下、「本サービス」)の利用規約です。本規約に同意しない場合は、本サービスを利用できません。なお、本サービスへ申込んだ時点でこれに同意したものとみなします。

第1条【総則】

  • 1. 本サービスは、本規約に則り運営されるものとし、いかなる場合も例外はありません。
  • 2. 弊社は、本サービスを利用する全ての利用者の承諾を得ることなく、弊社が適切と判断した告知をすることで本規約を改定できるものとします。

第2条【本サービスに関する申込み】

  • 1. 本サービスは、弊社サイトの宅配買取申込ページに利用者自身が必要事項を記入し送信することで、申込みが完了するものとします。
  • 2. 本サービスの利用において、弊社が不適切または違反と判断した場合は、本サービスの利用拒否ならびに予告なく買取依頼の品物を返送できるものとします。
  • 3. 弊社からの連絡は、メール、電話、LINEにて行います。申込み時に記載のメールアドレス、電話番号、LINEIDにて連絡がつかない場合、弊社は連絡しなかったことによる責任は一切負いません。

第3条【発送する品物】

  • 1. 利用者が品物を発送する際は、弊社規定の宅配キットを申込みの上、買取手順書に従い、宅配買取申込書、身分証明書のコピーとともに発送するものとします。
  • 2. 万が一、故障・破損があった場合は、弊社が定める運送業者の保証に基づき対応します。
  • 3. 利用者が品物を発送する費用は、着払い発送にて弊社が負担します。

第4条【本人確認】

  • 1. 古物営業法に従い、以下の書類にて本人確認を行います。
  • 2. 弊社が定める本人確認書類は、運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、学生証、外国人登録証、在留カード、特別永住者証明書、パスポート、障害者手帳、住民基本台帳カード、住民票の写しとし、これ以外は認めないものとします。
  • 3. 申込み時の住所と身分証明書に記載されている住所は、一致している必要があります。また、有効期限切れの身分証明書は利用できません。

第5条【品物の開封・査定】

  • 1. 弊社は、到着した品物を速やかに検品(点数、状態の確認)・査定しますが、状況により所要時間に変動が生じる場合があります。
  • 2. 新品・未開封品の場合、必要に応じて利用者に告知なく開封します。また、開封後に品物の返却が必要となった場合でも、弊社は開封による責任は一切負いません。
  • 3. 品物検品時、宅配買取申込書に記載の点数と差異があった場合は、検品時に確認した点数にて査定を行います。
  • 4. 品物内に入っている利用者の私物に関しては、買取契約の成立・不成立に関わらず、補償および返却の対象外となり、弊社は一切の責任を負いません。

第6条【査定結果の連絡】

  • 1. 査定の結果は、メール、電話、LINEにて連絡します。
  • 2. 利用者は、弊社の査定結果について、弊社の承諾無く第三者へ開示しないものとします。

第7条【買取契約の成立・不成立】

  • 1. 査定結果連絡後、利用者からの承諾、非承諾をもって、買取契約が成立、不成立するものとし、これ以降、内容の変更やキャンセルはできません。
  • 2. 査定結果の連絡後、15日以内に承諾、非承諾の意思表示がない場合は買取契約不成立とみなし、品物は利用者へ発送、返却します。

第8条【振込・入金】

  • 1. 利用者が査定結果を承諾した場合、2営業日以内に利用者指定口座に代金を振込みます。(土日祝の場合は週明けに振込みます。)
  • 2. 利用者指定口座において、弊社規約の第4条に定められた本人確認ができない場合は、弊社は一切の責任を負うことなく買取契約を破棄できるものとします。
  • 3. 振込手数料は弊社が負担します。

第9条【品物の返却】

  • 1. 利用者が査定結果を非承諾とする場合、弊社に対して品物の返却を依頼することができます。
  • 2. 査定結果により弊社が買取りできないと判断した品物に対し、利用者は品物の返却を依頼することができます。
  • 3. 本条1項2項における発送費用は弊社が負担します。

第10条【本サービスの利用拒否】

  • 1. 下記に該当する利用者ならびに品物は、本サービスの一部、もしくは全ての利用を拒否する場合があります。その場合は、予告なく品物を返却できるものとします。
  • ◯品物に取扱いアイテム以外のものが含まれている場合
  • ◯品物が下記いずれかに該当する場合
  • ・盗難品、遺失物、クレジットカードによる決済途中の品物等、利用者に所有権のない品物
  • ・知的財産法、不正競争防止法、製造物責任法等の関係法令やガイドラインに違反する品物
  • ◯利用者が弊社に開示した個人情報に虚偽があり、本人確認が取れない状態の場合
  • ◯18歳未満の方による申込みの場合(保護者同意書記入必須)
  • ◯重複の申込み、買取目的でない申込みの場合

第11条【品物所有権】

  • 1. 弊社から代金の振込みが完了した時点で、品物の所有権はすべて弊社に移転するものとします。
  • 2. 利用者が品物の処分を希望した場合は、弊社がその連絡を受けた時点で品物の所有権はすべて弊社に移転し、弊社規定の処分を行います。
  • 3. 弊社が利用者に品物を返却する必要性が生じた場合において、弊社が品物を返却し、その後、利用者の転居や宅配買取申込書に記載された住所の誤り等により弊社に返送された際は、品物が弊社に返送された日から1ヶ月の経過期間をもって、利用者が品物の所有権を放棄したものとみなし、所有権はすべて弊社に移転するものとします。

第12条【個人情報】

  • 1. 本サービスの利用による利用者の個人情報は、弊社規定に基づき下記範囲内で利用できるものとします。
  • ・古物営業法の定めにより、本人確認を行うため
  • ・問い合わせへの回答、確認を行うため
  • ・代金の振込み、品物の発送を行うため
  • ・本サービスの継続利用のため
  • ・弊社関連会社、提携会社を含む、情報の提供などのサービスを円滑に行うため
  • 2. 弊社は、利用者より収集した個人情報を適切、厳重に管理し、下記のいずれかに該当する場合を除き、第三者に開示しません。
  • ・本人の同意がある場合
  • ・警察、その他機関より法令に基づく開示要求があった場合
  • ・品物が盗難品や偽造品の疑いがある場合
  • ・申込者が法令に違反、および違反の疑いがある場合

平成29年4月制定