ウォーターマン 査定イメージ

ウォーターマン(waterman)買取はスタイログラフにお任せ下さい。

ウォーターマンは1883年にアメリカでルイス・エドソン・ウォーターマンによって誕生しました。
世界で初めて毛細管現象を応用したペン先・インク機構を作り上げた近代万年筆界のパイオニアです。
ウォーターマンは「優れた枝術と優れたデザインを融合させて、持つ人に表現する喜びを与える筆記具を提供すること」を理念とし、様々な斬新な発明を万年筆に組み込んでいき、時代ごとのニーズに合った商品を生み出し続けました。
アメリカ法人からフランス法人に代わってからはデザインにおいても、独創的な色彩と流れるようなフォルム、洗練されたパリを彷彿とさせる魅力的で美しいデザインを生み出し続け「ライティング・ジュエリー」とも評されています。 また、そのクリエイティブなクオリティーとは裏腹に硬めに作られたペン先や真鍮製の軸、低重心で書き心地の良い作りは、万年筆に慣れていない初心者にも扱いやすいという万人へのアプローチも持ち合わせています。
お使いにならなくなったウォーターマンがございましたら、この機会に売却をご検討されてみてはいかがでしょうか? ご相談のお問い合わせをお待ちしております。

高額買取多数!ウォーターマンの万年筆買取例

  • エドソン

    サファイアブルー 18K 万年筆

    買取参考価格

    27,000~40,000円

  • セレニテ

    18K 万年筆

    買取参考価格

    40,000~52,000円

  • ルマン100

    18K 万年筆

    買取参考価格

    10,000~17,000円

  • カレン デラックス コンテンポラリー

    ブラック 18K 万年筆

    買取参考価格

    8,000~12,000円

その他のウォーターマン買取実績はこちら

高級万年筆ウォーターマンの人気シリーズ

  • カレン

    万年筆

    カレンシリーズは、船をイメージした流線型の美しいシルエットと海面をすべり行く船の舳先をイメージしたペン先が特徴のウォーターマンの人気シリーズです。 豊富なカラーとデザインがいくつか展開されています。

  • エキスパート エッセンシャル

    万年筆

    手に馴染む丸みのあるボディで、疲れにくい滑らかな書き心地は長時間使える万年筆になっています。 ボディは黒と白、トリムはゴールドとシルバーのそれぞれ2色が展開されています。

  • チャールストン エボニーブラックGTー

    万年筆

    ブラックのボディにゴールドのトリムは上品で落ち着いたデザインになっています。 1920年半ばアメリカで流行したダンス「チャールストン」から名付けられ、アール・デコを基調とした優美なシリーズです。

  • /ボールペン

ウォーターマンの買取を強化中です!

エドソン グリーン 18K 万年筆を買取いたしました。

宅配買取/中古品/和歌山/男性

創業者ルイス・エドソン・ウォーターマンのミドルネームを名に持つウオーターマンの最高級ラインです。 二層構造のボディにサテンプレート仕上げのキャップとなめらかなトリムが凛とした美しさを放っています。 小説家のダグラス・ケネディが「作家にとってのフェラーリ」と称するほど極められた万年筆です。 今回エドソンシリーズのグリーンカラーを買取いたしました。 エドソンシリーズ高価買取いたしますので是非お気軽にお問合せください。

メトロポリタン エッセンシャル メタリックブルーCT 万年筆を買取いたしました。

宅配買取/中古品/茨城県/女性

メトロポリタンシリーズは、スリムなフォルムで、軽く女性の手にも持ちやすい万年筆です。 シンプルながらも上品なデザインでスタイリッシュな曲線美が特徴です。 ビジネスからフォーマル、エレガントまで幅広いシーンに対応しており様々な場面で人気があるシリーズです。 今回メトロポリタン エッセンシャル メタリックブルーCTを買取いたしました。 細かなスレ傷はございますが良好なお品のため高く買取させていただきました。

ブランドロゴ

アウロラの万年筆について

ウォーターマンは世界で初めて現在の万年筆の祖となる万年筆を製造した筆記具ブランドです。
元は保険の外交員であったL・E・ウォーターマンが自身の体験をもとに、インクの漏れにくい「毛細管現象を応用したインク機構」を開発しました。 また、自由な発想で時代のニーズを捉え、「クリップ付きキャップ」や「カートリッジインク」など現在では定番となっている機構も発明し、万年筆業界に革命を起こしその歴史を作り続けてきました。
なお、アメリカ法人が存在した頃、偶然にも全くの無関係な「A.A.ウォーターマン」という万年筆を扱う会社が存在しており、A.A.ウォーターマンの当時の製品には一部、「Not connected with L.E.WATERMAN co.(L.E.ウォーターマンとは無関係です)」との刻印が入っていました。