ヤード・オ・レッド査定イメージ

ヤード・オ・レッド(YARD · O · LED)買取はスタイログラフにお任せ下さい。

英国・バーミンガムに工房を構える筆記具メーカー「ヤード・オ・レッド・ペンシル社」。 150年以上の歴史を持つ筆記具メーカーですが、ペンやペンシルの多くは今なお変わらない19世紀のデザイン・工程が受け継がれた、手作業による製品として高い評価を得ています。
常に変わりゆく激動の世界経済の中、一般的に、企業には環境の変化に対しそれぞれのアイデンティティを保ちながら慎重なイノベーションの下、適応していく“変化”が求められます。 それが永く続いていく秘訣です。 しかし、ヤード・オ・レッドに関して言えば、そんな変化には無縁な変わらないデザインと手作業によるペン作りを続け、ペンシルに特化したことで生き延びてきた稀有な企業と言えるでしょう。
そのスターリングシルバーに施された繊細な彫刻やペンの仕上がりは伝統的な銀製品そのものであり、1300年代から続くアセイ・オフィス(貨幣検定所)の審査に合格した製品にのみ刻印されるホールマーク(英国純銀認証証明)が全ての製品に刻まれています。 また同時に、全ての製品に生涯保障 (LIFETIME GUARANTEE)が付与されているのもヤード・オ・レッドの魅力です。

高額買取多数!ヤード・オ・レッドの万年筆買取例

  • ヤード・オ・レッド バイスロイ ビクトリアン

    万年筆 中古

    買取参考価格

    20,000円〜40,000円

  • ヤード・オ・レッド バイスロイ バーレイ

    万年筆 中古

    買取参考価格

    20,000〜40,000円

  • ヤード・オ・レッド パーフェクタ ビクトリアン

    ペンシル 未使用

    買取参考価格

    8,000〜25,000円

  • ヤード・オ・レッド エドワーディアン バーレイ

    ペンシル 中古

    買取参考価格

    10,000〜25,000円

  •  

その他のヤード・オ・レッド買取実績はこちら

万年筆ヤード・オ・レッドの人気シリーズ

  • 万年筆

  • タレンタム

    万年筆

  • ジュエリー

    万年筆

  • バイスロイ ビクトリア

    万年筆

    バイスロイ ビクトリアシリーズは、世界で幅広い人気を得ています。シルバーのシンプルなフォルムをベースに、スタンダードな「プレーン」を始め、「バーレイ模様」「ビクトリアン模様」を施したモデルがございます。模様の細部まで職人が手彫りで仕上げた芸術的な逸品です。

  • ディプロマット バーレイ

    ボールペン/ペンシル

    ディプロマット バーレイシリーズは、クラシックなデザインと回転式の使いやすさで常に人気のシリーズです。鋭角な八角形のボディとシルバーとの調和、職人が1本1本丹念に作られたこだわりが感じられる逸品です。ボールペンとペンシルがございます。

  • エドワーディアン バーレイ

    ペンシル

    エドワード朝の典型的なフラットトップの天冠が特徴的で、独特な模様が施されています。オーナーのイニシャルが刻印され手紙のワックスのシールの押印に使われていたそうです。重量感のあるペンシルになります。

ヤード・オ・レッドの買取を強化中です!

パーフェクタ ビクトリア ボールペンを買取いたしました。

宅配買取/中古品/長崎県/男性

パーフェクタ ビクトリアシリーズは、19世紀初頭に流行したデザインを採用したモデルになります。スレンダーでエレガントなボディラインの優美なシルエットが美しい繊細なペンに仕上げられています。
今回、パーフェクタ ビクトリアシリーズのボールペンを買取いたしました。天冠にややキズ、スターリングシルバーならではの変色がございますが、他店より高く買取させていただきました。ボールペンの他にペンシルもございます。お手元にございましたら高く買取させていただきますのでよろしくお願い致します。

バイスロイ グランド ビクトリアン 万年筆を買取いたしました。

宅配買取/中古品/愛知県/女性

バイスロイ グランド ビクトリアンシリーズの万年筆を買取いたしました。 バイスロイ グランド ビクトリアンは重厚なボディであるため繊細な彫刻が際立つモデルです。
素材は純銀のみを使用し、模様の細部まで熟練職人が手彫りで仕上げた逸品になります。箱、取扱説明書兼保証書、ペンケース、銀磨きクロスと欠品なく付属していたため高価買取させていただきました。付属品なしの本体のみでも高く買取いたしますので是非お問合せお待ちしております。

ヤード・オ・レッドロゴ

ヤード・オ・レッドの万年筆について

伝統的な銀細工にこだわり続ける「ヤード・オ・レッドペンシル社」の歴史は、1882年に創始者サンプソン・モーダン繰り出し式ペンシルを発明したことから始まります。3インチの芯12本をリボルバーのように繰り出す画期的な繰り出し式ペンシル・メカニズムを発明し、特許を取得しました。
社名の「ヤード・オ・レッド」は、3インチの芯が12本でちょうど1ヤードの長さに達することから名づけられました。工房のあるバーミンガムはいち早く産業革命に取り組んだ産業都市で、英国製のアンティーク好きなら知らない者はいないほどの産業の街です。
そんな街で、ビクトリア時代に流行した模様を主流にしたデザインと当時の機構をそのまま使い続けながら手作業で作られる製品や、その伝統を重んじるスタイルは今なお世界中のファンから愛され続けています。